栃木県眼科医会について

吉澤 徹 栃木県眼科医会は、栃木県の大学・病院・診療所に所属する眼科医が集まった団体です。本会は昭和26年10月、日本眼科医会創立時に、栃木県支部として稲葉六郎先生を支部長として設立されました。当時の日本眼科医会の役員は故稲葉六郎・故原蕃先生でした。昭和59年故吉沢清会長、平成元年故早津尚夫会長が就任。平成15年故稲葉光治会長、平成18年宮下浩会長、平成23年原裕会長と続き、平成30年4月、吉澤徹が会長を拝命し、現在に至ります。

 本会は、より新しい知識や技術を取り入れた効果的な医療が行えるように、県内の獨協医科大学・自治医科大学・国際医療福祉大学などと連携し、眼科研究会や集談会・眼科手術談話会などを主催、共催し会員の医療技術の研鑽につとめています。

 また、昭和61年からは、10月に目の愛護デー記念行事として、目の無料相談、目の講演会などを毎年行っており、広く県民の皆様の目の健康に貢献すべく努力を続けています。

 平成20年7月より栃木医療センター(旧国立栃木病院)にて、一般病院、診療所がお休みの日曜祝祭日に、県内各地の栃木県眼科医会の会員が眼科一次救急診療(入院・手術の必要がなく、救急車を必要としない患者様が対象)を行っています。これは全国でもまれな試みですが、県内の二次、三次救急医療機関の負担軽減にも貢献し、大きな成果を上げております。

 また、栃木県アイバンクはライオンズクラブのご支援をいただき非常に活発な運営をしており毎年多くの開眼者をだしておりますが、当会でも目の愛護デー記念行事でのPR、会員施設での寄付・募金活動への協力などを行っております。今後とも、県内の眼科医療に関わるさまざまな組織と連携をはかり、眼科医療を通じて広く県民の皆様の期待と信頼に応えられる会であり続けたいと考えております。

栃木県眼科医会会長  吉澤 徹

 

事務局 〒322-0036 栃木県鹿沼市下田町2-1400-1 吉沢眼科医院内

 

栃木県眼科医会理事役員役割分担表

会長 吉澤 徹
  担当副会長 担当理事(正) 担当理事(副)
総務 石﨑道治 斎藤信一郎 井岡 大治
経理 石﨑道治 堤 雅弘 関本慎一郎
学術 釣巻 穰 大久保 彰 久保田芳美、井上裕治、永田万由美、青瀬雅資、渡辺芽里
医療安全対策および福祉 石﨑道治 関本慎一郎 稲葉全郎、井上裕治
保険 釣巻 穰 井岡 大治 大久保彰、金子禮子
広報 石﨑道治 大柳静香 稲葉全郎、高橋雄二、青瀬雅資、渡辺芽里
学校保健 釣巻 穰 久保田芳美 稲葉全郎、大塚信行
公衆衛生 石﨑道治 大塚信行 堤 雅弘、細川美奈子
医療対策 釣巻 穰 高橋 雄二 大柳静香、斎藤信一郎
男女共同参画 石﨑道治 細川 美奈子 金子禮子、高橋雄二、永田万由美
勤務医 釣巻 穰 上田 昌弘 井上裕治、永田万由美、青瀬雅資、渡辺芽里
監事 原 裕、旭 英幸
顧問 柏瀬 宗弘、宮下浩、妹尾 正、川島 秀俊、新井田孝裕